2013年11月29日

武井バーナー 保護耐熱ガラス!

以前に割ってしまった武井のパープルストーブの耐熱ガラス・・・ランタンで言えばホヤの部分です。


割ったときは、ペトロマックスのホヤが2000円程度だったので余裕ブッコいていたんですが・・


いざ注文しようとしたら、なんと4200円!!



ちょっとこれは・・・・やり過ぎでしょ・・・


でも、無いとカッコ悪いので仕方なく注文。装着しました・・

IMG_1408.JPG
このパーツなくても大丈夫で、むしろこっちの方が温かいらしいですが・・



まあ、テントの中は狭い、周りの物は溶かしたくはない・・のでつけておきますか!




武井バーナー愛用の皆様、意外と簡単に割れますよ!お気をつけて!





あとゴムパッキンも一年ぐらいでひび割れてきます。こちらはホームセンターで!




本格冬キャンプに備えてメンテナンス!
posted by tsu-chey at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

武井バーナー 砕ける!

当店の武井バーナー、パープルストーブ!自分好みの改造して、大切に店内に飾ってあります。


そして、ペトロマックスニッケルを買って、場所がなかったので、つめて武井バーナーの横に置く・・


そして案の定、足を引っ掛け武井バーナー転倒・・出勤前で急いでいたんです・・

ホヤが砕け散る・・

IMG_1326.JPG


よく足に当たって、いつか倒しそう・・って思ってたら!!


通販で運送会社にホヤを割られたのもつかの間・・






自分で割ってどうすんねん!!








さて、ヤケ買い。 ん・・・?ホヤ買うついでにってことですな・・
posted by tsu-chey at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

自転車用ポンプ改造?武井バーナー・ペトロマックス接続金具用に!BB Boro MINI FPP-G XB

武井バーナーや、ペトロマックスのポンピングが大変だからって、接続金具にして、自転車用のフロアポンプやフットポンプを使うって人、



お聞きします!



どんな空気入れ使ってますか?



よく名前があがってるのが、パナレーサー。まれに、トピークのモーフ系、後は無名のフットポンプなど・・


いや、別にいいんです。目的が果たせるんだから・・



でも、武井バーナーやペトロマックスって渋い機材じゃないですか、こだわりを感じるじゃないですか、それに割と高価じゃないですか?





それに使うポンプが、安かったらいい?渋くなくてもいい?ほとんどプラ製の黒い奴でいいんですか?



ポンプまでお金が回らなかったんかな?って思われてもいいんですか!



BB Boro(ビービーボロ) MINI FPP-G XB ポンプ !
CIMG6940.JPG
ハンドルは木製です。本体や、各パーツはオールアルミ製です。見た目、かなり渋いです!


安っぽさはみじんも感じられません!実際そんなに安くはないですが・・


ただし、元からついてる空気入れの口は米式バルブ用のねじ込み式です。
CIMG6936.JPG
なので、米式とはネジのピッチが違う武井バーナーには使えません・・


だったら、両方に使えるものに換えればいいでしょう!
CIMG6944.JPG
トンボ口!バルブに被せてネジを回せば固定されます。これで両方いけます!

新品のゴムホースをカッターで切るのは勇気がいりますが、作業自体は一瞬で終わります・・


しかも、真鍮製なので雰囲気にばっちり合います!ただし、高価なパーツではないのでデチューンになりますが・・ま、見た目重視で!



しかも奇跡的に、このトンボ口のネジが、もともとの口を固定するために開けてあった穴にジャストフィット!!まるで初めからついていたようです!


これがもともとの固定方法です。
CIMG6950.JPG

それがこうなりました!ジャスト!!
CIMG6938.JPG



何とも美しいすっきりしたいでたち・・

CIMG6943.JPG
これなら、武井バーナーやペトロマックスの側にさりげなくおいても絵になりますよ!



持っているすべてのものにこだわるんだ!※お出かけするときに限る!ですが・・
posted by tsu-chey at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

武井バーナー 炎上!? ほろ苦い思い出編・・

新富士のブロートーチや、ペトロマックス、武井バーナー、コールマンノーススターなど、液体燃料系にどっぷりはまりだしている今日この頃・・


危険・・といいうイメージが強く、敬遠されがちな液体燃料系器具・・



そんなことはないですよ!といいたいところですが!



使い方を間違えると・・・



CIMG6312.JPG
炎上〜!!

武井バーナーにて・・・



予熱不足と思って、何度もトライするも、再度・・


CIMG6313.JPG

またもや炎上〜!!



傷心しながら家に帰り、説明書を見ていると・・・


残された部品が・・・
CIMG6483.JPG

ガスを均等に拡散させるパーツ・・・





やってしもうた・・・






そら、まともに燃焼しませんガスが真上に向かって勢いよく噴射されてたんですから!




液体燃料系、舐めてたら痛い目に合いますよ!ブロートーチ、しっかり掃除とメンテナンス、しよ・・・
posted by tsu-chey at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

武井バーナー“ちょこっと”改造!

車やバイクをいじる人は、ホントにこだわりますね!ネジや機能に全く関係のないカスタムをしたり・・。そんな人たちの心をくすぐるキャンプ道具「武井バーナー」、やってみましょう!機能に関係のないカスタムを!!なにマジになってるんだか・・

今回はヒーター上板についている飾り六角に、さらに飾りをしてみました!アホらし・・

ホームセンターで見つけた真鍮製の座金
CIMG6490.JPG
皿ネジの頭がうまく収まるようにできた、ワッシャーのようなものです。精密に削り出されています!

これを、飾り六角を外し、間に挟んで再度、飾り六角を付けるだけ。簡単すぎ・・
CIMG6273.JPG
CIMG6494.JPG
どうです、ちょっと感じが変わった!?程度ですが、立派なカスタムです!ホント自己満・・

じゃあ、ただのワッシャーでいいやん、って思われるでしょうが、そこはこだわり!この座金は厚みがあります。本来ならこの厚みではネジが届きません。でも、皿ネジの頭が埋まる加工がされていますので、その窪みに飾りナットがすっぽり入り込み、ネジが届くのです!しかも、測ったかのようにピッタリサイズで!純正部品のようです!もう書いていてホントにどうでもよくなってきます・・興味のある方はぜひ!

CIMG6495.JPG

武井バーナー 501A パープルストーブのカスタムはまだまだ続く!?
posted by tsu-chey at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

武井バーナー改造!メインバーナー調整ハンドル編

昨晩、武井バーナーを眺めていて、メインバーナー調整ハンドルが気になりだしました。購入当時から何でここだけ黒?しかも樹脂製・・。もう少しいいもの付かなかったのか?と。ずっと気になっていたのです。
ハンドル 1.jpg

ぼ〜っと店内を見渡すと。んっ!と目に入ったものが!
CIMG6469.JPG

MTB用フロントフォーク、マルゾッキDJ1!のエアーを入れるところのキャップ!!アルミ製すぐ熱くなりそう・・
CIMG6474.JPG
キャップの内側のネジ径は8mm、バーナー側のハンドル軸は8mm!ハンドル側にネジ山作ったらボルトオン!?

理論上はそうなんですが、現実はそんなに甘くなかった・・。ネジ山作るの失敗・・。ただ単に技術が未熟だったからです・・。だって、ネジ穴掘るるのはやったことがありますが、ネジ山立てるのは初経験・・。いきなり本番するなって!

ミスをカバーすべく作戦変更!以下の材料で、以下のパーツを制作!製作過程の説明がないのは焦っていたからです・・
CIMG6482.JPG
黒いネジは、これまた自転車のチェーンリングを固定するものです。これも8mm!このネジにナットを埋め込み、裏からボルトを通して、キャップのネジ穴に装着!調整ハンドル軸の頭には、ネジ穴作りましたが・・。これは成功!


そして完成しました!金色に輝く調整ハンドル!回しやすそうです!
CIMG6486.JPG

全体像です。より渋さが増しました!だからそう思ってるのは自分だけやって・・
CIMG6485.JPG

でも理由があって、樹脂製だったのかも。熱くなりにくいとか、危険な熱さになったら溶け出すので気が付くとか。実際に使用し、検証して報告させていただきます!
posted by tsu-chey at 09:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

武井バーナーについて考える!ケース編

武井バーナーが大活躍次回は必ず使って社長をびっくりさせてやる!?した先日の冬キャンプ、持ち運びはアイリスオーヤマのアルミケース(改造)を使用しました。そのケースに便利機能を追加しています。それは、私のパープルストーブは接続金具を使用しているのでフットポンプが要ります。その収納です。

私が使用しているのはトピークというブランドのターボモーフです。まあ、自転車に乗っているのでたまたまあっただけですが・・。武井バーナー御用達、パナレーサーではかぶりそうなので結果、よかった・・

CIMG6334.JPG
なかなかカッコよく、機能的です。メーターはいらんでしょう・・。ケースの蓋に穴をあけ、ポンプ取り付けパーツをセットします。

CIMG6333.JPG
ポンプを取り付けた状態です。ゴトクは今回使用しなかったのでまとめて一緒にしまってあります。

パープルストーブを入れ、ケースを閉めます。ハイ!しっかり収まりました!

接続金具用に空気入れを、パナレーサー以外で探している人、どうぞ!
posted by tsu-chey at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

武井バーナー第2弾!

武井バーナー501A パープルストーブのカスタム続編!本体のポンプではポンピングが大変!てことで自転車用足踏みポンプが使える接続金具という部品に交換。頑張ってポンピングしろよ!それが儀式だろ!軟弱もの!いや、それ以前にまだ、火さえ着けてないし!!しかし、そのキャップが小さい!なくしそう!そこで、紛失防止対策を施しました!

CIMG6300.JPG
ポンプノブがついているときに比べ、接続金具のみになるとすっきりし過ぎた・・。そこで、大きめの金具をキャップに着けることでごちゃっとした感じに。チェーンも真鍮のボールチェーンに、こちらは逆にすっきりと、調節ハンドルのチェーンも真鍮のボールチェーンに、チェーン類はかさばりすぎるので、作業や収納の邪魔になるのでシンプルに!

お次は武井バーナーユーザーにはおなじみのアイリスオーヤマアルミケースです!測ったようにぴったり収まります!ピッタリすぎて入れる角度が限定されます・・。5mm違ってもふたが閉まらん・・。
CIMG6303.JPG

CIMG6301.JPG
このケース、通販で3000円前後で購入可能。純正木製ケースもいいんやけどね・・。

取っ手がプラ製でいまいちだったのでスチール製に!かっこいい!自画自賛・・。
CIMG6302.JPG

さまざまなカスタムやっております!納期、値段などご相談ください!相談には乗りますが、自分で作ってください・・。
posted by tsu-chey at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

パープルストーブ改!(武井バーナー改造)

先日入荷した武井バーナーのパープルストーブ、501A をカスタム(改造)してみました!このパープルストーブは暖房メインとして考えています。しかし、そのままだとコンロとしては使えません。じゃ、ストーブの上にコンロを作ろう!ってことで制作開始!
第一関門 ゴトクの延長 付属のゴトクの棒を7mm真鍮パイプに圧入、って言ってもプラハンで叩き込むだけ、ゴトクの棒は6mmよりわずかに太く、しっかりはまります。そして、下に6mmアルミ棒を入れます、これはすんなりはまります。
CIMG6280.JPG

第二関門 延長したゴトクの棒を回転しないように加工 上部はしっかりはまっているので問題なし、アルミ棒と真鍮パイプに穴を開け、ビスで固定、本体の穴にささる側のアルミパイプに穴をあけ短く切った真鍮の釘を打ち込みます。この真鍮の釘が、本体のパイプの切れ込みに合うようにすれば回転しません!見た目もすっきりします!
CIMG6291.JPG

第三関門 バネを引っ掛ける場所の移設 ゴトクを本体穴に入れてしまうと、バネを引っ掛けていた穴がふさがります、その引っ掛ける場所を新たに作ります。名前はわかりませんが、二個のパーツを一つにして固定し、そこへバネを引っ掛けました。パイプ側は、一度伸ばして丸く作り直しました。穴よりずいぶん引っ掛けるのが楽になりました!
CIMG6283.JPG

第四関門 延長したゴトクの棒がグラグラする 伸ばした分と、アルミの棒がわずかに細いのでしっかり感がありません。使用には問題なさそうですが気持ち悪いので補強。三本のバネでそれぞれの棒を引き寄せ、グラグラ感を解消、バネの先はフック状となっており掛け外しも簡単です!これも、第三関門の時に使ったパーツを開いて、形を棒の丸みに合わせただけのものです。
CIMG6287.JPG

第5関門 接続金具のキャップをなくしそう これは材料の用意できてます。後日解決、紹介します!

延長ゴトク棒と、固定バネを接続したもの、これ×3です。
CIMG6286.JPG

暖房しながらコンロとして使えるパープルストーブの完成です!さらにメカメカしくなり、カッコよくなりました!
CIMG6282.JPG
CIMG6299.JPG

この改造は、見た目の美しさと機能の調和にこだわって制作しました。真鍮パーツとアルミ、ステンレスのみを使い、経年劣化にも耐えられるようにしております!火も着けてへんのに、何やってんだか・・。

明日より3日間、本社へ出張に行って参ります!皆さんよいお年を!嫁さんの実家に子ども連れて帰省です!
posted by tsu-chey at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

パープルストーブ!

先日の極寒キャンプ、電気ストーブは全く役に立ちませんでした!やはり火力の強い石油ストーブがいい!しかも、アウトドア用でお洒落なもの!ってことで仕入れましたよ!!武井バーナーのパープルストーブ、501A!噂ではかなりあったかくなるらしいです!使用レポは後日として、今回は外観の紹介のみ!私にとってはドストライク!予熱処理があったり、真鍮の質感がたまらんかったり、使えば使うほど味が出たり・・。これはヤバい・・。

CIMG6271.JPG
この輝き具合、作りこみ具合、文句はありません・・。

CIMG6272.JPG
このメカニカルさ、見ていて飽きません!

CIMG6273.JPG
この部分は今後焼けて変色するため、記録として・・。

こんなに趣のある道具、他にはありません!子供に受け継がせたくなる逸品です!社長もお気に入りの様子、冬キャンプリベンジ近しか!?

初めて使うときは大炎上することも!?無事、試炊きとなるのか?
posted by tsu-chey at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする